Amazonのデジタルマーケティングサイトを作ってます

サラリーマンを辞めて、早一か月以上です。
自営業に戻ったというより、完全な引き籠り状態で完成させたいと作っていたサイトも大凡見えて来たので、Bata状態ですが紹介させていただこうかな?と・・・

広告

デジタルにAmazonのマーケティングをやる

制作のキッカケ

今回のサイトを作ったのは、随分前に テレビで とあるコンサルタントの話を聞いたのがキッカケでした。
そのコンサルは

『作りたいモノ、売りたいモノを ただ作ってはダメだ』

『出口を見て、そこにお客様いるかが問題だ』

まぁ 確かに商売ってのはそーなんですがね、そんな当たり前でクダラナイこと言うような人がテレビでコンサルやっちゃうのか!!
と思ったワケです。

僕は物作りも好きだし、そもそも【作りたいモノ世に発信する】会社で洗脳されてしまったので、『出口を見て・・・』みたいな事しか言えないコンサルは大嫌いなワケです。

それ以外でも、どうもコンサル業の方は大口ばかり叩く傾向があるように思います。
たまたま そーゆーコンサルの方としか出会ってないだけかも知れないけど、嫌な思いしか無い。

なので、そーゆー嫌いな類のコンサルは駆逐したいし、もしくは掌の上で踊って貰いたいな と思って、『出口を数字で見えるサイト』を作ろうと思ったのです。

リサーチもマーケティングも機械には勝てない

『出口を見て・・・』 とか 数字的な事は機械には勝てないのですよ。
特にAmazonのように、商品数もカスタマーの数も膨大になると、統計学がより正確になるワケで、機械に計算させた値は 人間が感覚で話す理論や値の信憑性を遥かに凌駕するワケです。

自分のサイトでやる事に意味がある

今回作ったようなWEBサービスって、実は大なり小なりあるワケです。
ただ、やっぱり人それぞれ感覚違うし、大体にしてこーゆーの作るのって、やっぱりシステム専門の人っぽい気がして、チョット違うんだよなー・・・ってのがあるのが常。

自分自身を過大評価するワケじゃないけど、僕自身が生産者も、バイヤーも、販売も、WEBも と色々やってきたいので、視野は普通のサラリーマンより広いと思う。
で、出来るだけ幅広い分野で使えるように と思って作ったワケですな。

それが“Amapro (アマプロ)”です。

現在はまだテスト中

紹介こそしたモノの、まだテスト中です。
なので、時折おかしな動きになる事もあるし、キャッシュの扱いもいい加減な状態です。

ですので、おかしいな と思ったらF5キーで更新するとか、最低限キャッシュを入れ替えて下さい。

それでもオカシイ時は僕がミスってます。

多分、全ての仕事で使えるし、ばからしいコンサルにお金払ってる人はコレで事足りるようになるかもだし、あまり好きじゃないけどセドリにも使えるかもですね。

そんなワケの近況報告でした。

純粋な物作りとかは、これがもう少し段落したら順次取り掛かります。

ではー

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です