さくらVPS CentOS7 + nginx を最適化してみる その1

少し前に使い始めた【さくらVPS】のCentOS7。
メモリを1Gにしてケチった為、今までより遅くなってしまいました。
なので少しでもメモリを消費しないようにと、少しでも早くなるようにセットアップしてみました。
今回はそのメモ。

広告

不要なモジュールの停止

デフォルトの状態で使ってない、もしくは使わなそうなモジュールと止めます。

# systemctl disable abrt-ccpp
# systemctl disable abrt-oops
# systemctl disable abrt-vmcore
# systemctl disable abrt-xorg
# systemctl disable abrtd

他にも何か消した気もするけど、メモるの忘れたかも。

opcacheを導入してみる

Pleskではopcacheを使ってたので、さくらVPSのCentOS7でもopcacheを使ってみる事にした。

# yum --enablerepo=epel,remi-php70 install php-opcache

opcacheをインストール。

# vim /etc/php.ini

[opcache]
opcache.memory_consumption=128
opcache.interned_strings_buffer=8
opcache.max_accelerated_files=4000
opcache.revalidate_freq=60
opcache.fast_shutdown=1
opcache.enable_cli=1

php.iniの編集。
下のほうに追加した。

ついでにPHPのエラーログを止める。

error_reporting = 0
log_errors = Off

なんかオカシイな?と思ったら元に戻すし、基本放置しちゃうから少しはメモリの消費を減らせるんじゃないかなー? と。

# php -v
PHP 7.0.33 (cli) (built: Jan  9 2019 14:57:19) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.33, Copyright (c) 1999-2017, by Zend Technologies

phpの確認。
with Zend OPcacheの文字があるし、PHPinfoも確認してみた。

以上です。


おすすめのコンテンツ

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください