WordPressを使ったWEBシステムで20万件データ時のメモ

ようやく制作していたAmazonマーケティングサイト『アマプロ』が一段落しました。
当初一つの区切りかな?と思っていたデータ数にも届いたので一先ずメモ。

広告

専用スクリプトページが必要かも知れない

10万件に到達したくらいから薄々気が付いていたが、データを探すのが非常に面倒。

なのでSQLを直接書いてしまったほうが圧倒的に早い。

一応、WPデフォルトのページ編集機能はのこしてあるモノの、
管理画面へのフックは行っていない為どのみち専用データテーブルを操作するにはSQLを書く必要がある。

そこで、管理者用のページを一つ用意して、SQLを書き込み実行するようにしてるんだけど、
わざわざファイルをアップロードするのが面倒だし、MySQLに行くのも面倒なので
『管理画面から直接SQLを書けるようにする』

『良く使うSQL文をセレクトボックス等に与えて実行する』
のドチラかの対策をとったほうが効率的である。

有料化の為の準備

今回作ったサイトは、一部機能は有料会員のみに限定しようと思っているサイト。

元々ショッピングサイトを10年以上運営しているので、WEBを使った金銭のやり取りは然程問題は無いけれど、
会員の管理機能をどこまで作りこむかが課題。

ある程度下地は作っておいたにしても、まだアナログな作業を残した状態。
恐らく大して申し込まれないだろう という予想の元だったんだけど、思いのほかアクセス数が多いので
もしもの時も考えておかないと管理に時間を割く事なってしまうので、それは避けたい。

ついでに、有料化に大して文句のある人もいるみたいですが、
しばらく経済活動を完全に切って作業したものを、『無料で全部』なんて事になるわけ無いんです。

不満なら自分で作れば良いし、作れないなら対価を払うのが当然。

大体にして、こーゆーものは必要な期間だけお金払って使ったほうが、
自分で作る時間を考えると圧倒的にお得なのです。

余談

友人が20万もある?と言ってきたが

この通り、20万データ以上入っています。

一部の大人向け商品に関しては検索でしか現れないようになっているので、カテゴリーへの登録数が減っているのですよ。

こーゆー風にしないとアレな商品がランキング上位を締めてしまって、ちょっと恥ずかしい事になってしまいますので(汗)

それにしても、私の良くない性格が出てきてしまって、
本来自分が使うつもりで作っていたので、もはや作る事に夢中になりすぎて
ホトンドが完了した今、若干お腹いっぱな自分がいる。

だからお金儲けって出来ないんだよなー オレ・・・
まぁ 大量なデータの捌き方も覚えたし、スキルアップには十分なったかな?

そんな感じの備忘録。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です