WordPressにプラグイン無しでコンタクトフォームを作る時のメモ

正直、朝から晩まで毎日毎日コードを眺めてるとノイローゼになりそうです。
そして段々と分かってる作業になってくると飽きてきます。
なので息抜きの更新。

広告

自作フォームはwp_mail関数で超簡単

今回も大した記事では無いのですが、今作ってるサイトにはお問合せフォームがあったほうが良いので最初はプラグインで・・・と思いました。

Jetpack大好きな僕としてはJetpackのお問合せフォームで良いやと思ったのですが、なにやら動きが重くなった。
wp-cronのイベントが増えるのが原因か、SQLと何かやってるのが原因か詳しく探らなかったけど、制御が面倒だと思って即中止。

その後、超人気のコンタクトフォーム7で考えたのですが、コンタクトフォーム7はとても良いプラグインなのですがCSSを常時吐き出すんですよねー。
簡単に止められるけど、そーゆーのを制御するコードを増やすのは嫌だな と思いこれも中止。

結局自作しました。

自作お問合せフォームはそう難しくは無いんですよね。

wordpressにはwp_mail関数ってのがあって、それを使えば簡単にメール送信やってくれます。

wp_mail(送信先, 件名, メッセージ)

最低限これだけ。
必要があればheaderの追加って感じ。

専用のページテンプレート作っておけば、そのファイルいじるだけなのでメンテも簡単。

wp_mail関数を使ったもう一つ理由は、SMTP経由が簡単になるから。

ここは便利なプラグイン使いました。

Easy WP SMTP とか WP Mail SMTP by WPForms とかSMTP化してくれる便利プラグインが複数あるから、設定すれば全部SMTP経由で送信してくれる。

プラグイン増やしたくない とか データベース汚したくない とかで、便利プラグイン使えない時は自作も簡単ですね。
自作すれば入ったお問合せをデータベースじゃなくて、ローカルにtxtファイルで保管しておくとかも選択肢が増えるし、メリットも多い気がしました。

ではでは

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です