クラウドを利用したサイト作り

思えば気が付いたら年末でした…。 すでに紅葉は終わったのですね汗。
web構築の最後の仕上げというか、以前から興味があって勉強していたクラウド化が理解出来たので実装しました。
方法や主な内容は別ブログ(wordpress用配布テーマデモサイト)に書きますので、こっちでは違った視点で書いてみます。

広告

クラウドとは何ぞや

近年良く耳にする『クラウド』
クラウドって何??とお客さんからも良く聞かれますが、僕も定義は良く知りませんw
ですが、今回はあえて意味は調べず僕の感覚で書いてしまいますが、クラウドってのはネット上の仮想空間なんだと思います。

この仮想ってのがキモなんじゃ無いかなーと個人的には理解してますが、間違ってたらスイマセン。何せ意味は調べず書いてますので…。

仮想ですから、色々と状況に合わせて変化するわけ。

例えば今回のクラウド化は、一部海外のサーバーに置いてあるデータをクラウドに保管して最適なエッジサーバーから配信します。
日本なら東京から。でも、もしアメリカからの閲覧ならアメリカのエッジサーバーから配信されてベストな場所から短い時間で転送出来るワケです。

ついでに今回のクラウド化では、オリジナルのデータはこっちのサーバーに残してますからバックアップにもなるし、エッジサーバーから配信するデータはキャッシュを長く設定する事で色々と軽く出来る。当然、こっちのサーバーの転送を格段に減らすから負荷を分散出来るってワケ。

このクラウドって技術、本当に面白いなーって思ったわけですが難しい事も多くこんな感じの駄文にとどめますが、きっと進化を続けるクラウドの技術がもっと発展して、更なる仮想空間で様々な事が行われていくんだろーなーと思います。

ちなみに今回のクラウドサービスは米アマゾンのサービスです。国内でもあるのかも知れませんが、この手のサービスで使いやすい料金と革新的なサービスはいつも海の向こうからやってくる気がします。
国内の大手Eコマースサイトも、金儲けばかりでなく革新的なサービスと実益を結びつけた有意義なビジネスを展開して欲しいトコロです。でないと海の向こうからやってくるビジネスに飲み込まれてしまう日もそう遠くないでしょう。

相変わらずワケ分からない駄文でスイマセン。

画像は全然関係無いですが、秋の終わりをパシャり。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です