VPSのセッティング nginxのworker_processes設定

ここの更新は久々です。
仕事でしょっちゅうPCは触ってるものの、現在の職場はカラーミーショップなので特段書くような事も無く、更新出来ていないのです。
メモりたい事無いし。

ですが、今回はこのサーバーをSSDに変えようか検討中の作業をやっているので、VPSのセッティングのおさらいメモ。

広告

nginxのworker_processesの設定

デフォルトの状態から、nginxのworker_processesを最適にする。
/etc/nginx/nginx.conf
を編集。

worker_processes  auto;
worker_rlimit_nofile 1024;

worker_processesはautoに。
worker_rlimit_nofileは1024にした。

events {
    multi_accept on;
    worker_connections  1024;
    use epoll;
}

multi_accept onになってたけど、これ何だっけな??
忘れた(汗)

    fastcgi_cache_path /var/run/nginx-cache/***-fcch levels=1:2 keys_zone=***:3m inactive=1d max_size=50m;
    fastcgi_cache_key "$scheme$request_method$host$request_uri";
    fastcgi_cache_use_stale error timeout invalid_header http_500;

そんでfastcgi_cacheの設定。

確認作業

SSHでアクセスして、確認。

grep processor /proc/cpuinfo | wc -l

CPU数

ulimit -n

プロセス数

ps aux | grep ‘nginx: worker’

実行確認

まとめ

正直、以前セッティングした時に何触ったか もう忘れてしまいました。
これからはちゃんと都度メモを残さないとダメですね。

大凡はpleskなのでスッカリ忘れてしまう。

しかしながら、待望のSSDなワケですが、今は仕事って程でこのサーバーを管理していないから、面倒な気持ちも大きかったりして悩んでいます。

ただ、自分のサーバーがハイスピードになったら、それはそれで優越感を得られるかも知れないなぁ・・・

ではでは

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です