PleskからKUSANAGIにWordPressを移すメモ

今回も約1年ぶりくらいの更新なんだけど、なんか年末の度にサーバーいじってるなーと実感します。
ある意味自分の年末って感じなのかもしれない。

そんで、今回はKUSANAGIがパッケージされてるVPSにサーバーを移そうと思い、そのメモ。
毎回ですが、あくまでも完全な自分メモなので、詳細は割愛です。

広告

KUSANAGIにWordpressを移す色々

では いきまーーす

kusanagi側の設定

まずKUSANAGI側でプロビジョニングして、受け入れ態勢を整える。

この辺のコマンドは割愛。
そんで、IPアドレスでサーバーに入るか、


//hogehoge が プロビジョン名。
//host.example.com が URL

kusanagi setting --fqdn host.example.com hogehoge

で確認用URLでも設定してサーバーにアクセス。

後はWPのインストの流れで完了。

次は元サーバーの準備

何でも良いからwp-contentの圧縮ファイルとDBのファイルを作る。
これで元サーバーの準備は終わり。

あとDNSのTTLも小さくしておく。
結構いつも忘れる。

KUSANAGIに元データを入れる

SSHに入ってデータをサーバーにダウンロードです。


# wget https://example.com/backup.tar.gz

URLは自分のデータがあるトコロ。
そんでWPのディレクトリに移動。
もしくは


# cd /home/kusanagi/hoge/DocumentRoot

で先に落とす場所を変えておく。

あとは解凍。
確認しながらやるなら、DocumentRoot直下以外に置いて確認しながら移して行けばよい。
沢山ディレクトリがあるわけじゃないだろうから、確認しながらでもそう時間はかからない。

ついでに忘れるので
パーミッションの一括変更

find /path/to/dir -type d -print | xargs chmod 755
find /path/to/dir -type f -print | xargs chmod 644

ディレクトリとファイルで変更。

SQLの書き換え

PHPmyadminを使ったり、SSHでやるほうが一般的だろうけど、
SSHはたまにしかやらないからやっぱり慣れないし、
PHPmyAdminは余計なファイルをサーバーに置いておきたくないから
『adminer』
を使います。

https://www.adminer.org/
↑でダウンロードできます。
シンプルなので軽いし、必要な時にサーバーに置いて不要な時は消せば良いから気軽。

あとはPHPmyAdmin的な感じで、SQLをインポートすればOK。

感想

ある意味サラリーの仕事でもこの手の事が増えたので、移行作業は然程難しくは無かったけど
KUSANAGIの動きが少し独特だったり、コマンドを調べるのに少し時間がかかってしまいました。

Pleskのが多機能だけど、基本的にWordpressでWebをやるのが私のメインなのでKUSANAGIのが良いな。

余談ですが、ここはKUSANAGI環境じゃありません。
余計なリソース使いたくなので、メモはあくまでもメモです。

色々やるなら、開発環境のVPSをもう一台作ろうかなー と思いました。




おすすめのコンテンツ

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください