Welcartで作ったショッピングサイト

ようやく全ての商品のUPが完了し心が落ち着きましたので、今まで通りマイペースに更新したいと思います。
で、今回はショッピングサイト化で使ったプラグイン『Welcart』のご紹介。

広告

wordpressをショッピングサイト化するプラグイン『Welcart』

以前、wordpressでショッピングサイトを作ると決めた時に少し書きましたが、wordpressをショッピングサイトに出来るプラグインがあるのですが、その中の一つに『Welcart』があります。
正直なトコロ、海外でメジャーな『woocommerce』と心から迷ったのですが、『Welcart』が国産プラグインであり日本語に完全に対応しているトコロと、たまたま素晴らしいタイミングで出会う事が出来たテーマのお陰で『Welcart』に心を決め製作しておりました。

Welcartは素晴らしい!!

別にWelcartの回し者では無いですが、回し者だと思われて構わないくらい超良心的なプラグインでした。
僕のような小規模事業者にとっては無料で出来る範囲が広いのは素晴らしい事です。中堅、大手のようにWEBに沢山のコストをかけられませんから、最低限のシステムが無料で使える事は大変ありがたく感謝の限りで御座います。

一部導入したいシステムがあるので、それは有料のシステムを購入しようと思っていますが、今のところすぐには必要ないかなぁー・・・ とスイマセンm(uu)m

Paypal決済の強み

実は新しいショッピングサイトを作るにあたって、それなりに思うことがあったので面倒な構築作業に取り組んだワケですが、一つは前回書いたとおりスマホやタブレットに対応させたレスポンシブなサイトにしたかった思いと、それ以外もう一つが決済手段です。
今既存使っているWEBショップのシステムも大変素晴らしいシステムなのですが、海外との取引に使えないのです。海外と取引するとトラブルも多いようなので安全の為の対応なのだと思うのですが、ウチの店は随分前から年に数える程とはいえ海外に販売しています。
その際、オンラインでサイト上で完結出来るサイトが欲しかったのです。その決済手段がPayPalです。日本ではまだそこまで普及していない気もするのですが、海外サイトを見るとPayPalはワリとメジャーです。
世界的なオークションサイトのeBayがPayPalを推奨してるからかeBay好きは皆知ってますね。

PayPalはPayPalアカウントを持っていない方でも、クレジットカード等で決済が出来るのでPayPal決済を用意しておけば、海外の方への販売もオンライン上で可能になるワケです。

とはいえ英語が苦手な僕は、今のところ日本のみの対応に絞ってしまっていますが、最低限の英文を覚えたら海外へのオンライン販売も開放しようと思っています。

ちなみにですが、日本ではPayPalはそこまでメジャーでは無い気もしているので、後々他の決済手段の導入も視野に入れております。

Welcartのデメリットは??

Welcartは素晴らしいプラグインだと心から思っていますが、一応デメリットもあると思います。
多少癖がある とか phpって難しそう とかそーゆーのは慣れとか勉強でクリア出来ると思うのですが、アクセスかなー?と。
ショッピングサイトって作ったら売れると思ってしまう人が結構いたりするようなのですが、そー甘い世界ではありません。何百万もかけてアクセスを促すように作ってるサイトだってあるわけですから、強豪ひしめいているわけで、その中でアクセスされなければ物は売れませんね。

例えば大手の楽天やアマゾンで販売するのと、独自ドメインをとってルートの無い状態で運営するのとでは全く条件が違います。
つまり、自分で相当頑張らないと星の数ほどあるWEBサイト中で埋もれて、星屑になってしまう。
当然と言えば当然のデメリットなので書くまでもありませんが、wordpressでカート入れたけどアクセスが無いって事もありえるワケです。

まとめ

一応デメリットっぽい事も書きましたが、Welcartはとても素晴らしいプラグインである事は間違いありません。
Welcartが今後もっと発展してwoocommerceを超えるプログラムになって欲しいなぁ と心から期待しています。

後日、Welcartを使うきっかけになったテーマ『Blanc』のご紹介でもさせて頂こうかと。

ではでは・・・・

Welcart公式ページはコチラ>>http://www.welcart.com/

ウチのNEWショップページはココ>>https://www.u-hg.com/category/item/

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です